首、足、お尻、膝などの部分的な冷えから上半身・下半身全体の冷え症に効くサプリ

αGヘスペリジン+ナノへスペレチン

↑ 通販限定・半額1,000円!
  • ヘスペリジン

体温アップに効く画期的なサプリ

低体温だと体の免疫機能が働きにくくなり、病気になりやすくなります。

さらに、基礎代謝が著しく低下するのでダイエットを頑張ってもなかなか痩せない体質に。

血行不良により化粧品の美容成分が届きにくくなったり、クマ、くすみなどの冴えない顔色の原因にも!

ハツラツとした健康美のためには、体温は36.5度以上を目指したいところ。

「αGヘスペリジン+ナノへスペレチン」は青みかんに含まれるめぐりを良くする成分を使用した体を温めるサプリです。

様々なトラブルを呼ぶ低体温の改善のために、グリコが長い年月をかけて開発しました。

即効性と長時間の持続力を実現

ヘスペリジンの効果を最大限に活かすために、飲んですぐ働く「ナノ化タイプ」と、飲んだ後、長くじっくり働く「糖転移型」の、2種類を組み合わせています。これにより、素早い効きめと持続力を兼ね備えたサプリに仕上げています。

口コミではこんなトラブルに効果が

体調トラブル
  • 35度台の低体温
  • 冷えて寝つきが悪い
  • 寒さが苦手
美容トラブル
  • 基礎代謝の低下・太りやすい
  • 顔色の悪さ、クマく
  • むくんで靴下の跡が付く

美健知箋ポリフェノール

↑ 通販限定・初回半額で始めよう!
  • ポリフェノール
  • 生姜
  • 高麗人参

製薬会社クオリティーの冷え症改善サプリ

ユンケルなどでおなじみのサトウ製薬が開発した冷え症サプリです。
製薬会社ならではのクオリティで、冷えによる様々な体調トラブルを根本ケアしてくれます。

90年の研究成果が集約された独自の配合バランス

巡り力を高めるポリフェノール、ポカポカ成分の生姜、漢方でもおなじみの高麗人参の3つが主成分です。さらに、その主成分をサポートする9つの成分を組み合わせています。
ただ有効な成分を一緒に合わせただけではなく、こだわったのは配合バランスです。
90年以上の研究による独自の配合バランスにより、成分同士の相乗効果が生まれ、有効成分の力を最大限に引き出すことができます。

ここが他のサプリと違う最大の強み!
サプリを選ぶ時、有効成分の量の多さだけに気をとらわれがちですが、成分の力を発揮できるバランスで組み合わせていないと満足できる効果にはつながらないのです。

口コミではこんなトラブルに効果が

体調トラブル
  • 疲れやすい、疲れが取れにくくなった
  • 顔色が悪い
  • 更年期障害
  • 肩こり、頭痛
  • 寝起きが悪い
美容トラブル
  • 化粧のりが悪い、肌がくすむ
  • 老けてきた

黒香醋しょうが

↑ 公式サイトはこちら
  • 生姜、香醋

お酢と生姜の最強コンビ!

お酢は言わずと知れた冷え改善食材。そんな健康食品に生姜をプラスしたのがこのサプリメント。
17種類ものアミノ酸を含む香醋と、温める力の強い生姜を合わせる事で冷え症改善効果をより強化しています。

生姜は摂り方次第で冷え症に逆効果!

生の生姜に含まれるジンゲロールと言う成分には温め効果と共に熱を奪う作用があり、そのまま摂ると逆効果になることもあります。
生しょうがを入れた紅茶やスープを飲むと、直後は体が温まるので効果があるように感じますが、実はすぐに熱を奪われているのです。
生姜の冷え症改善効果を充分に生かすには「加熱処理」をさせてショウガオールに変化させる事が必要です。
黒香醋しょうがは、ジンゲロール、ショウガオール両方使用しているのでポカポカ効果をしっかり維持できます。

口コミではこんなトラブルに効果が

体調トラブル
  • 足先が冷えて寝付けない、目覚めが悪い
  • 冷房による冷え
美容トラブル
  • 代謝が低く汗が出ない

full-me MACA

↑ 初月は50%OFFでお得
  • マカ
  • 卵殻膜

ホルモンバランスの乱れを整えて女性のプチ不調を改善

ホルモンバランスの乱れから生じる冷え症にはマカがおすすめ。
マカの対応範囲は幅広く、冷え症改善だけでなく、特に女性ならではの悩みをサポートします。
若い世代では生理前のPMSによる不調や妊活サポート、更年期におけるイライラ、多汗の症状などにも対応。
肌のくすみやハリ不足、化粧のりの悪さなど血行不良による美容トラブルにもマカは最適です。

口コミではこんなトラブルに効果が

体調トラブル
  • 肩こりからくる頭痛
  • 疲れやすい
  • 生理トラブル

まず原因を知ろう

手足が冷えるということは冬場になると誰しもが経験するはずです。

しかし、それ以外の春や夏など比較的気温の高いシーズンでも手足が冷えるという方がいます。

夏なのに?寒い!

外気温に関わらず、慢性的に夏でも身体が冷える方というのは、身体の中から冷えている可能性があります。その為、手足や身体を暖房で温めてもなかなか温まらないということがあります。また少しぐらいの運動でも効果はありません。

このような方は、冷え性と言えるでしょう。

冷え性と体温調節機能

私たち人間には体温を調節する体温調節機能が備わっています。

体温調節機能は私たちの体温を37度付近でキープしてくれます。

この体温を維持することで、私たちは生命を維持することができます。

身体に支障が出ない為にもサポートをしてくれているのがこの体温調節機能なのです。

冷え性の方は、この体温調節機能が上手く機能してないということが根本的原因となっているようです。

体温調節機能が正常に働かなくなってしまう原因はいくつかあります。

1.自律神経の乱れ

体温調節の命令は自律神経が担っています。その為、自律神経が乱れると自律神経の機能も正常に機能しなくなる為、体温調節機能も上手く機能しなくなってしまうのです。

自律神経が乱れる背景には、ストレスや不規則な生活があります。

またエアコンによる室内外との温度差を大きく感じやすい環境にいる場合も自律神経を乱す原因となり、冷え性となることがあります。

2.血行の滞り

きつい下着や靴で、血行が妨げられることで、寒いという感覚が麻痺することがあります。

皮膚感覚の麻痺により、体温調節機能が上手く機能しなくなります。

また貧血や低血圧の方も血行が悪くなりやすい為、体温調節の機能が上手く機能しなくなります。